兄弟間での相続と遺留分の関係とは / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続 > 兄弟間での相続と遺留分の関係とは

兄弟間での相続と遺留分の関係とは

まず、前提として、兄弟が亡くなった場合、亡くなった兄弟に子どもや親がいた場合、その人たちが相続人となるため、原則として、その人の兄弟は財産を相続することはできません。しかし、亡くなった人に家族がいなかったり、配偶者のみが存在する場合などには、兄弟が相続人として財産を相続することができます。

 

もっとも、亡くなった人が生前に作成した遺言に財産を全て配偶者に譲り渡す旨や、財産を全て愛人に譲り渡す旨が記載されていた場合、兄弟は財産を相続することはできません。このような場合、通常は「遺留分」として相続人は最低限の財産を取得できますが、このような遺留分は兄弟には認められていないのが現行法です。

 

上述のように、亡くなった故人の兄弟には遺留分が認められないため、遺留分侵害額請求として最低限の財産を取得することはできません。そもそも、遺留分とは、相続人に認められている最低限の相続財産を取得する権利ですが、兄弟にはこれが認められていないのです。これは、民法の定める法定相続人の順位で、兄弟・姉妹は一番下の順位として規定されており、被相続人との関係が希薄であることが理由とされています。また、兄弟には、本来相続人となるはずの者が亡くなった場合などに代襲相続が認められていることも、兄弟に遺留分が認められていない理由とされています。

 

もっとも、例外的に以下の方法によって被相続人の財産を取得することができる可能性があります。
まずは、被相続人の妻などに財産を全て譲り渡す旨の遺言が存在した場合、その遺言の無効を主張する方法が挙げられます。具体的には、遺言が適式な方法でなされたものではなく、遺言形式が守られていないことを主張したり、被相続人が作成した遺言書は、既に認知症などで遺言能力に問題があったこと、遺言書がそもそも偽造・変造されていたことなどを主張することが考えられます。

 

次に、兄弟の方が寄与分を請求することが考えられます。被相続人の方の財産維持等のために特別に貢献をしたような場合には、寄与分が認められ、寄与分を請求できる可能性があります。また、被相続人の生活の維持のために無償で介護をしていたような場合にも、この寄与分は認められます。

 

以上のような方法で、遺留分が認められていない兄弟についても財産を取得する余地がありますが、いずれも容易な方法ということはできず、弁護士等の法律のプロフェッショナルによるアドバイスのもと行うことをおすすめします。

 

神戸ブライト法律事務所は、神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの方から、様々な法律相談を承っております。既に紛争となってしまった事案についてはもちろんのこと、紛争にはなっていないものの相続手続全般に関する代行サービスや遺言書作成まで含めて、幅広く相続に関する法的サービスをご提供することが可能です。また、不動産登記や相続税の問題についても、当事務所と提携関係にある司法書士や税理士等の専門職と連携を図り、ワンストップサービスを提供することが可能です。お気軽にご相談ください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 相続放棄手続きの基本の流...

    家族が亡くなって相続人になった場合、相続放棄を希望する方もいます。一般的に、被相続人の死亡を知った日から3ヵ月以内に相続...

  • 任意整理と過払い請求につ...

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

  • 民事再生の手続き方法

    民事再生とは、民事再生法に基づいて裁判手続きを行うことです。経済的に厳しい状況にある企業について、債権者の多数の同意と裁...

  • 養育費はいつまで支払うか

    ■養育費とは養育費とは、子どもの成長のために必要な費用のことをいいます。子どもが成長するまでには、生活費のほか、教育費や...

  • 離婚の種類

    離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。 まず1つ目の種類...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

  • 相続の対象となる遺産の範...

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金...

  • 法人破産のメリット・デメ...

    法人破産とは、抱えている資産や負債を整理し、法律に定められた破産手続きで会社を清算することを指します。法人破産において、...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ