遺言書の書き方と種類 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続 > 遺言書の書き方と種類

遺言書の書き方と種類

■遺言書とは
遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけば、自分が生前に残した意思表示の通りに財産が分けられることになります。もし、遺言書を作成しなければ、相続人全員が話し合いをして遺産分割をすることになります。この遺産分割協議ではトラブルが多発しやすいため、相続人のためにも遺言書を残しておくことをお勧めします。
しかし、注意しなければならないのは、遺言書を作成するには様々なルールに従わなければならない点です。法律で定められたルールがあり、守らなければ遺言書は無効なものとなってしまいます。そのため、形式をきちんと守って、正しい遺言書を書くことが大切です。

 

●遺言書の種類
遺言書には、3つほど種類があります。それぞれ、①自筆証書遺言②公正証書遺言③秘密証書遺言と呼ばれるものになります。ここでは、3種類の遺言の形式について分かりやすく説明します。

 

①自筆証書遺言の形式
名前の通り、遺言書が自筆で作成するものになります。遺言書の全文と日付、氏名を自筆の上、押印することによって作成します。


②公正証書遺言の形式
公証人に遺言書を作成してもらう方法です。具体的には、遺言者が2人以上の証人とともに公証役場に行き、その立会いの下で、公証人に遺言内容を伝えます。公証人は、その内容を聞き取りながら遺言書を作成していきます。


③秘密証書遺言の形式
まずは遺言者が遺言書を作成し、その遺言書を、2人以上の証人とともに公証役場に持っていきます。そうすると、遺言書の存在を保証してもらうことができます。

 

●遺言書の書き方
遺言書は、形式を守らないと無効になってしまいます。ここでは、自筆証書遺言について、遺言書を作成する際の基本的な注意点について説明していきます。


①日付・署名・押印をすること
遺言書の作成日、遺言者1名の名前、押印を必ず忘れないようにしてください。日付と署名は必ず自筆で、スタンプなどは使用できません。また、遺言者は1名のみで、夫婦の連名で遺言書を残すことはできませんので注意してください。押印の際に使用する印鑑については、実印がベストではありますが、必須ではありません。


②全文を自筆で書くこと
自筆証書遺言は名前の通り、遺言書上のすべての文章を自筆で書くことが必須です。一部を他の人に代筆してもらったり、パソコンで作成したりすることもできません。


③複数枚になったらホチキスなどでつづり、契印を押すこと
遺言書が2枚以上になった場合には、ホチキス留めをするなどしてつづりましょう。また、契印を押して、偽造されないようにしましょう。契印は必須ではありませんが、自分の遺言を偽造されることがないよう、押すことをお勧めします。


④保管は封筒ですること
遺言書が完成したら、クリアファイルに入れたりや裸のまま保管するのではなく、封筒に入れておくようにしましょう。封筒に入れる際には、封印をしておくことをお勧めします。

 

神戸ブライト法律事務所では、遺言書に関するご相談を承っております。遺言書の形式や中身に関するお悩みなど、幅広く受け付けておりますので、お困りの際にはぜひ当事務所までお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 代襲相続とは

    相続人となるべき子が相続開始以前にすでに死亡していたり、廃除や欠格などの一定の理由で相続人になれないときは、その相続人の...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

  • 相続の流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは、故人の遺産を一定の身分関係のある人や遺言で指定された人が承継することです。...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

  • 後遺障害等級とは

    後遺障害等級は、読んで字のごとく、後遺障害についての等級をさします。ここでは、後遺障害についてから詳しくご説明してまいり...

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 民事再生の手続き方法

    民事再生とは、民事再生法に基づいて裁判手続きを行うことです。経済的に厳しい状況にある企業について、債権者の多数の同意と裁...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務とは資本金の増減や株式の発行といった会社の資本形成にかかわる業務や、株主総会・取締役会など会社の意思決定機関...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ