相続遺産を独り占めされそうな場合 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続 > 相続遺産を独り占めされそうな場合

相続遺産を独り占めされそうな場合

■遺産相続について
相続は、人が亡くなると発生します。相続においては、故人は「被相続人」と呼ばれます。そして、故人の配偶者や子など、被相続人の遺産を受け継ぐ人たちのことを「相続人」といいます。たいていの場合、遺産が1つとは限りませんし、相続人も複数人いることが多いです。そのため、遺産を引き継ぐために相続人たちで遺産を分け合う必要があります。これを遺産分割といい、相続人同士が話し合いを行うことで遺産分割方法を決定します。

この話し合いのことを遺産分割協議といいます。

 

このように、相続が発生すると遺産分割をして、それぞれの遺産が確実に引き継がれるまでに様々な手続きが必要となります。

しかし、なかには遺産を独り占めしようとする相続人が現れることもあります。

ここでは、そのような事態に備え、遺産の独り占めがなされそうな時の対応方法等について、詳しく解説していきます。

 

●遺産を独り占めすることはできるのか
そもそも、遺産を独り占めすることは現実的に可能なのでしょうか。実際に起きた、遺産の独り占め事例をいくつか紹介していきます。

 

①被相続人と相続人が密接な関係にある場合
例えば、被相続人の生前に同居していた場合には、被相続人の財産がどれくらいあるのか知っていることが多いです。そのため、勝手に不動産の名義を変更してしまったり、貯金を自分の口座に移し替えてしまったりして、遺産の独り占めが行われることがあります。また、近しい関係から、被相続人を巧みに言いくるめて、自分に全財産を相続させるような内容の遺言書を書かせてしまう、という手法も考えられます。さらに、被相続人の成年後見人となって、財産管理の包括的な権限を利用することで、財産を横領してしまうというケースもあります。

 

②強引なやり方で独り占めする場合
遺産分割協議を行う際に、自分が遺産を独り占めできるよう、強引な主張を行うケースもあります。例えば、勝手に1人で遺産分割方法を決めてしまい、他の相続人に無理やり合意させるといった手法もありますし、自分が親の介護を全部負担していたのだから、遺産を全部もらって当然だ、といった言い分を主張するケースもよくある事例です。

 

③従来の慣習が残っている場合
住んでいる地域によっては、長男が全部遺産を相続するものだといった、従来の慣習が根強く残っていることもあります。

このような慣習が残っていると、長男だからという理由だけで遺産の独り占めがなされてしまう可能性があります。

 

●遺産を独り占めされてしまったら
ここからは、遺産を独り占めされそうな場合、あるいは独り占めされてしまった場合における、具体的な対応について説明します。

先ほど確認した、①②③に対する個別の対策を以下に紹介しますので、確認していきましょう。

 

①被相続人と相続人が密接な関係にある場合の対策
定期的に被相続人とやり取りをしておくことが、遺産の独り占めを未然に防ぐことにつながります。

 

②強引なやり方で独り占めする場合の対策
遺産分割協議において強引な主張をされたとしても、きちんと自分にも相続権があることを主張することが大切です。

また、介護を積極的に手伝う等の努力が必要な場合もあるでしょう。


③従来の慣習が残っている場合の対策
なかなか慣習を変えることは難しいのが実情です。しかし、弁護士に依頼をし、他の相続人にはたらきかけてもらうことが有効な方法になります。
もし、遺産を独り占めされてしまった場合には、不当利得返還請求や遺留分侵害額請求をすることで、損害の回復をすることになります。

 

●相続に関するご相談は当事務所まで
弁護士 佐藤英生は、相続に関するご相談を幅広く承っております。

遺産を独り占めされてしまった場合の対応についてお悩みの方は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 個人再生をすると車はどう...

    「個人再生」とは、裁判所に申立てを行い、借金額を減額してもらう債務整理方法です。任意整理や特定調停は、債権者との話合いを...

  • 民事再生の手続き方法

    民事再生とは、民事再生法に基づいて裁判手続きを行うことです。経済的に厳しい状況にある企業について、債権者の多数の同意と裁...

  • 顧問弁護士の重要性

    ⬛︎弁護士を探す手間が不要になる顧問契約を締結すると、弁護士に依頼したい案件が発生した場合は基本的に顧問弁護士を頼ること...

  • 代襲相続とは

    相続人となるべき子が相続開始以前にすでに死亡していたり、廃除や欠格などの一定の理由で相続人になれないときは、その相続人の...

  • 兄弟間での相続と遺留分の...

    まず、前提として、兄弟が亡くなった場合、亡くなった兄弟に子どもや親がいた場合、その人たちが相続人となるため、原則として、...

  • 相続遺産を独り占めされそ...

    ■遺産相続について相続は、人が亡くなると発生します。相続においては、故人は「被相続人」と呼ばれます。そして、故人の配偶者...

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 就業規則の重要性とは?作...

    就業規則が従業員にとって重要な存在であることはすでに認識していることでしょう。しかし、それがなぜ大切なのか、また会社にと...

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ