相続財産に該当するものとは?相続財産の探し方まで徹底解説! / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続 > 相続財産に該当するものとは?相続財産の探し方まで徹底解説!

相続財産に該当するものとは?相続財産の探し方まで徹底解説!

相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないからです。また、相続に該当しない財産を誤解して遺産分割で争ってしまうことも多いです。

 

相続財産に該当するものとは、何なのでしょうか?このようなトラブルを回避するためにも相続財産について理解を深めておきましょう。この記事では、相続財産の種類から探し方まで分かりやすく解説します。

 

 

 

相続財産の種類

相続財産は「プラスの財産」「マイナスの財産」「相続財産に該当しないもの」に分類できます。それぞれ、どのような財産が該当するかを把握しておきましょう。

 

 

 

プラスの財産

相続財産のプラスに該当する財産には、次のようなものがあります。現預金や不動産などは確認されることが多いですが、知的財産権などは見落しがちです。そのため、各項目をしっかりと確認しておきましょう。

 

  • 現預金
  • 外国通貨
  • 仮想通貨
  • 不動産
  • 有価証券
  • 債権
  • 借家権
  • 借地権
  • 家庭用財産(自動車・ブランド家具・宝石店・絵画・骨董品など)
  • ゴルフ会員権
  • 船舶や飛行機
  • 知的財産権
  • 慰謝料請求権
  • 損害賠償金請求権
  • 電話加入権

 

 

 

マイナス財産

相続財産には、プラス財産だけではなくマイナス財産もあります。理解をしていなければ、多額の負債を抱えてしまう恐れもあるので、必ず各項目を確認してください。

 

  • 借金(住宅ローンやクレジットカードローン)
  • 買掛金
  • 未払い経費
  • 未払い税金
  • 未払い慰謝料
  • 預り金(不動産経営をしている場合の敷金など)
  • 保証債務

 

 

 

補足:相続財産に該当しないもの

相続財産に該当しないものもあります。これらは、遺産分割に影響を与えないものになります。よく把握しておかなければ、遺産分割で不公平感が出ると相続トラブルの原因となるため気をつけておきましょう。

 

  • 祭祀(お仏壇・お仏具・お墓)
  • 配当(有価証券や不動産投資の配当金)
  • 受取人指定の保険金
  • 葬儀で受け取った香典

 

 

 

相続財産の探し方

相続財産の項目の多さに驚いた方もいるのではないでしょうか?実際に、相続財産を見落としてしまう方も多いです。このような事態を招かないためにも、入念に相続財産を探してください。ここでは、相続財産の探し方をご紹介します。

 

 

 

預金

自宅に保管されている通帳や証書を確認します。次に、各金融機関へ申請をして、相続開始時点における残高証明や相続発生前後の取引明細書を取得してください。

 

複数の金融機関を使用していた場合は、手続きが大変だと感じてしまうかもしれません。そのような場合は、弁護士にお任せすることもできます。

 

 

 

有価証券

まずは、有価証券の取引をしていた証券会社を調べてください。

 

証券会社が分からない場合は、株式を管理している信託銀行の株式名簿管理人へお問い合わせをすれば情報取得できます。その後に、各証券会社へ取引状況の照会を依頼します。

 

 

 

不動産

まずは、自宅内に登記識別情報通知や権利証がないかを確認してください。その後に、法務局で不動産の登記事項証明書を取得します。

 

被相続人が複数の不動産を所有していた場合は、市役所で名寄せ帳(固定資産税課税台帳)の閲覧を申請してみてください。固定資産税が発生している不動産を確認できるため、どのような不動産を保有しているか把握しやすくなります。

 

 

 

借金

通帳から引き落とされているものを確認してください。また、自宅にある契約書や請求書等の郵便物を確認しましょう。被相続人の借入状況が分からない場合は、各信用情報機関(JICC・CIC・KSC)へ情報公開請求をすれば、借入状況を把握できます。

 

 

 

相続を弁護士に依頼することで相続財産調査も可能

被相続人の相続財産として何があるか分からなくて困ることもあるかもしれません。また、不動産や骨董品などの評価額が分からなくて困ることもあるでしょう。このような場合は、弁護士に相談してみてください。

 

相続財産調査から財産目録作成なども含めて、相続に関してトータルでサポートすることができます。財産目録作成は、円満に遺産分割するために必要な資料です。

 

 

 

まとめ

相続財産は目に見える預貯金や不動産だけではなく、権利なども該当します。そのため、プラスとマイナスの財産を把握しておかなければ大変なことになります。必ず、入念に財産調査を行ってください。

 

しかし、財産調査の方法が分からなかったり、財産評価額は分からなかったりと悩むことがあるかもしれません。このような悩みを抱えた場合は、弁護士に相談をしましょう。

 

「神戸ブライト法律事務所」では、財産調査のサポートサービスを提供しています。ぜひ、財産調査をご希望の方はお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

  • 従業員に残業代を請求され...

    従業員に残業代を請求された場合、放置はNG従業員に残業代を請求された場合、面倒だからといって、対応をそのまま放置するべき...

  • 相続の対象となる遺産の範...

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金...

  • 契約書の作成とチェック

    ⬛︎契約書の作成とチェック会社が締結しようとしている契約の契約書を作成する業務です。また契約書を事前にチェックし、「法的...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 顧問契約を考えるべきタイ...

    「弁護士に相談するのは訴訟を検討するほど紛争が大きくなってから。」とお考えの方も多いと思います。しかし、トラブルが大きく...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。...

  • 離婚の種類

    離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。 まず1つ目の種類...

  • 法人破産のメリット・デメ...

    法人破産とは、抱えている資産や負債を整理し、法律に定められた破産手続きで会社を清算することを指します。法人破産において、...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ