パチンコで多額の借金ができたら / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 借金・債務整理 > パチンコで多額の借金ができたら

パチンコで多額の借金ができたら

■パチンコで借金を作ってしまったら
パチンコが好きで、通っていたら借金を作ってしまっていた、などということはありませんか。パチンコで借金を作ってもなお、パチンコに通っている場合、それはパチンコに依存しているかもしれません。借金に借金を重ね、どんどん多額なものに膨らんでいきます。

ここでは、パチンコで借金を抱えてしまった場合の対応方法について、詳しく見ていきます。

 

●パチンコで多額の借金を抱えてしまった事例
パチンコで多額の借金を抱えてしまう人には、このような傾向があります。
・根本的にパチンコにのめり込んでいる
・周囲にパチンコに依存している人がいる
・負けた分を取り返そうと、またパチンコに通う
・パチンコで抱えた借金を返済するために、さらに借金をしている


本人がパチンコに依存していたり、パチンコに依存する可能性のある環境にいたりする場合には、パチンコが原因となって多額の借金を作ってしまう可能性があります。

 

●パチンコで多額の借金を作ってしまった場合の対応方法
パチンコで多額の借金を作ってしまった場合には、どのように対応すればよいのでしょうか。対応方法としては、大きく3つに分けられます。

①自力で返済する②周囲の協力を得る③債務整理をするという3つの方法について、以下、詳しく解説していきます。

いずれの方法を選択するにせよ、借金には利息があり、額が大きく膨らんでしまうため、借金への対応は早めにするべきです。

 

①自力で返済する
自力で返済する場合には、収入から順次返済に充てていくことになるでしょう。また、持っている自分の財産を処分することで、得た現金を返済に充てるという方法もあります。

 

②周囲の協力を得る
家族または友人・知人等からお金を借りることで、返済に充てるという方法も取り得ます。しかし、新たに借金を作ることと同じことですので、相手にパチンコでの借金について理解してもらうことが必要になるかもしれません。また、金銭的な部分で協力してもらう以外にも、パチンコに依存してしまっている状況を改善できるよう、協力してもらうといった事例もあります。例えば、家族が積極的に医療機関での受診を勧めてくれ、パチンコやギャンブル依存症の治療を行うことができた、というケースがあります。このように、現状より多くの借金を作らないためにも、周囲の協力を得ることが大切になってくるでしょう。

 

③債務整理をする
多額の借金を抱えてしまった方のために、「債務整理」という方法があります。「債務整理」とは、抱えている債務(借金)について、その額を減らしたり、もしくはゼロにしたりすることのできる制度です。①②によっても借金の返済が困難な場合には、債務整理を検討することになります。

 

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という3つの方法がありますが、借金の額や借り入れの状況等を加味しながら、最適な方法で行う必要があります。

 

任意整理は、債権者との交渉により、返済の負担を軽くする制度です。債権者との話し合いをするだけで、周囲に知られることなく債務整理ができるというメリットがある一方、交渉が上手くいかなければ、借金の負担を軽くする効果は大きなものにはなりません。個人再生は、裁判所を介する手続きで、多少複雑なものになります。再生計画案を提出し、それを認めてもらうことで、借金の一部が免除され、残りを3年から5年で返済することになります。自己破産は、裁判所を介する手続きで、「支払い不能」な状況にあることを認めてもらうことにより、借金の返済が全て免除されます。借金がゼロになるという大きなメリットがある一方、ある程度大きな財産は手放す必要があったり、手続きを行っている間は一定の職業に付けなかったりというデメリットもあります。

 

●借金や債務整理に関するご相談は当事務所まで
弁護士 佐藤英生は、相続に関するご相談を幅広く承っております。多額の借金を抱えてお困りの方、債務整理方法について検討されている方は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

  • 慰謝料請求できるケース

    「配偶者の不貞行為を理由に離婚を考えているが、慰謝料を請求できるか不安に思っている」このように、離婚に際し、慰謝料請求の...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 個人再生をすると車はどう...

    「個人再生」とは、裁判所に申立てを行い、借金額を減額してもらう債務整理方法です。任意整理や特定調停は、債権者との話合いを...

  • 離婚時に決めるべきこと

    離婚を成立させる前に、ご夫婦で話し合って決めておかなければならないことは数多く存在しています。まず、財産に関する事項です...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

  • 顧問弁護士の重要性

    ⬛︎弁護士を探す手間が不要になる顧問契約を締結すると、弁護士に依頼したい案件が発生した場合は基本的に顧問弁護士を頼ること...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 後遺障害等級とは

    後遺障害等級は、読んで字のごとく、後遺障害についての等級をさします。ここでは、後遺障害についてから詳しくご説明してまいり...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ