個人再生をすると車はどうなる?残せる条件や注意点など / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 借金・債務整理 > 個人再生をすると車はどうなる?残せる条件や注意点など

個人再生をすると車はどうなる?残せる条件や注意点など

「個人再生」とは、裁判所に申立てを行い、借金額を減額してもらう債務整理方法です。任意整理や特定調停は、債権者との話合いを通じて、返済時期を変更したり、利息をカットしてもらう手続きである一方、個人再生は、元本額を減額してもらえる点で異なります。

 

個人再生を行って、保有している車が引き上げられてしまう場合と、引き上げられない場合が存在します。では、いかなる区別がなされているのでしょうか。
まず、ポイントとなるのは、車のローンを完済しているか否かです。自動車ローンを完済している場合には、保有している車を手元に残すことができます。しかし、ローン中ではない車を保有している場合に、その車の価値が高いと、再生の返済額が上昇することがあります。これは「清算価値保障原則」からくるものです。この原則は、債務者は、債権者に対して持っている財産の総額以上の額を支払わなければならない原則であり、財産があるなら、最低限その財産分の金銭は支払わなければならないというものです。この原則から、ローン中でない車であっても、その車の価値が高い場合には、債務者の財産の総額を上げることになり、返済額が上がることになるのです。

 

一方で、保有する車がローン中であったとしても、車を引き上げられない場合も存在します。そもそも、個人再生を行った場合に車が引き上げられる理由は、ローン会社の所有権留保がついているからです。所有権留保は、ローン完済までの間は、目的物の所有権をローン会社に残存させておくものです。売買契約の買主は、ローン完済まで完全な所有者となることはできず、あくまで車の使用が可能な状態にあるにすぎません。仮に、ローン完済までの間に返済を怠った場合には、ローン会社が車を引き上げることになります。個人再生を行う場合も、返済が滞っている状態ですので、ローン会社が車を引き上げることになります。この点、ローン会社が引き上げをすることができるのは、車の所有権がローン会社に留保されているからであり、売買契約の際に、所有権留保契約になっていないならば、ローン会社は債務者が個人再生を行ったとしても車を引き上げることはできません。よって、個人再生を行ったからといって必ずしも車を引き上げられるということにはならず、売買契約の際に、所有権がローン会社に留保されているかに注意が必要です。

 

以上の通り、問題なくローンを完済すれば、車を引き上げられることはありませんが、ローンを完済せずとも、ローン会社に車の所有権が留保されていない場合には、個人再生を行ったとしても、車を引き上げられないことになります。

 

神戸ブライト法律事務所は、神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの方から、様々な法律相談を承っております。自己破産や任意整理について多くの実績を残しており、破産管財人に選任された実績も有しております。神戸市を中心に、借金・自己破産でお困りの方は、どんな些細な内容でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務とは資本金の増減や株式の発行といった会社の資本形成にかかわる業務や、株主総会・取締役会など会社の意思決定機関...

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

  • パチンコで多額の借金がで...

    ■パチンコで借金を作ってしまったらパチンコが好きで、通っていたら借金を作ってしまっていた、などということはありませんか。...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 過失割合と逸失利益につい...

    皆さんは過失割合や逸失利益という言葉を聞いたことがおありでしょうか。多くの人にとって、非常に耳慣れない言葉かと思います。...

  • 任意整理と過払い請求につ...

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 従業員に残業代を請求され...

    従業員に残業代を請求された場合、放置はNG従業員に残業代を請求された場合、面倒だからといって、対応をそのまま放置するべき...

  • 遺産分割協議について

    ⬛︎遺産分割協議被相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分...

  • 就業規則の重要性とは?作...

    就業規則が従業員にとって重要な存在であることはすでに認識していることでしょう。しかし、それがなぜ大切なのか、また会社にと...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ