養育費はいつまで支払うか / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 離婚問題 > 養育費はいつまで支払うか

養育費はいつまで支払うか

■養育費とは
養育費とは、子どもの成長のために必要な費用のことをいいます。子どもが成長するまでには、生活費のほか、教育費や医療費などの諸費用がかかります。

これらの費用として、養育費は非常に重要ですし、子どもには養育費を支払ってもらえる権利があります。

 

養育費は、基本的に子どもが「未成熟子」の期間に支払うものです。「未成熟子」とは、社会的・経済的に自立していない子どものことをいいます。

養育費の支払い期間については、このあと詳しく解説していきます。また、養育費の支払額については、受け取る側(権利者)・支払う側(義務者)が話し合い、決定することになるでしょう。もちろん、当事者間での合意があればそれで決定することができますが、支払額の決定に困った場合には、支払額の目安として相場が参考になります。支払額の相場は、養育費算定表というもので確認できます。

 

養育費の支払い方法に関しては、月々一定額を支払う方法と、支払い期間全体で支払う金額を一度に支払う方法(一括払い)があります。この点についても、当事者間での話し合いで決定することになるとは思いますが、できれば一定額を支払う方法が望ましいとされています。なぜなら、生活費や教育費、医療費等の諸費用は、そもそも長期的かつ継続的に必要な費用であり、その性格を加味すれば、養育費も長期にわたり継続して支払うものと考えるべきだからです。

 

●養育費の支払い期間はいつまでか
では、養育費の支払い期間はいつまでなのでしょうか。養育費の支払い期間についてですが、実は、法律上、支払い期間を規定している条文は特にありません。

しかし、一般的には先ほど確認した通り、子どもが社会的・経済的に自立するまでの期間、すなわち「未成熟子」の期間とされています。

では、未成熟子とは具体的にどのような場合をいうのでしょうか。

 

たいていの場合、子どもが成人するまでが目安といわれています。これまでは成人は20歳とされていましたが、民法の改正により成人年齢が18歳に引き下げられました。しかし、成人年齢だからといって必ず18歳までを支払い期間とする必要はありません。子どもの状況に合わせて、社会的・経済的な自立をすることができるまでを支払い期間とすればよいでしょう。

 

例えば、4年制大学に進学する場合には、22歳まで学業をしていて教育費がかかります。また、病気や障害を抱えていて医療費がかかったり、就職が困難で経済的な自立をするまでに時間がかかったりする場合もあります。このような場合には、支払い期間を延長して、自立できるまで養育費を支払ってもらうことが可能です。一方、未成年であっても、就職していて、自分自身で安定した収入を得ている等の場合には、支払い期間を短くすることも可能です。

 

●養育費の支払い期間の決定について
養育費の支払い期間については、支払額や支払い方法と併せて、当事者間の話し合いにより決定されることになります。権利者と義務者間での話し合いを行う際には、両者が希望を出し合い、しっかりと協議することが大切です。はじめからきちんと詳細に決定しておくことで、後々のトラブルを防止することができます。

また、トラブル防止の観点から、話し合いにおける決定事項については口約束で済ませるのではなく、書面を作成しておくことをお勧めします。

お互いが確認し合いながら書面化することも有効な方法ではありますが、その書面には法的拘束力がありません。

そのため、公証役場において公正証書化するとより良いでしょう。多少の費用はかかってしまいますが、法的拘束力のある書面となります。

 

●養育費の支払いに関するご相談は当事務所まで
弁護士 佐藤英生は、養育費に関するご相談を幅広く承っております。

養育費をいつまで支払えばよいのか、養育費の支払いに関する取り決めに関してお悩みの場合には、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 債務整理をするとローンは...

    ■債務整理をするとローンが組めなくなる債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。これらの債務整理手続きの...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 離婚の種類

    離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。 まず1つ目の種類...

  • 財産分与の対象とは

    ■離婚における財産分与とは夫婦の財産については、夫婦が協力して形成してきた財産であると考えられます。そのため、離婚の際に...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 過失割合と逸失利益につい...

    皆さんは過失割合や逸失利益という言葉を聞いたことがおありでしょうか。多くの人にとって、非常に耳慣れない言葉かと思います。...

  • 相続の対象となる遺産の範...

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ