離婚の種類 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 離婚問題 > 離婚の種類

離婚の種類

離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。

 

まず1つ目の種類は、「協議離婚」というものです。
協議離婚とは、文字どおりご夫婦が協議することによって離婚を成立させるというものであり、両者の合意があれば、離婚届を提出することができます。
離婚に対するハードルが最も低い離婚方法であり、実際に離婚するご夫婦の約9割は、協議離婚によって離婚を成立させているといわれています。
しかし、離婚への手続きが簡単であるからこそ、離婚成立前に話し合うべき事項をないがしろにしたまま離婚届を提出してしまい、後の人生に後悔を残してしまったという方もいらっしゃいます。
そのため、事前にご夫婦間の話し合いを何度も行い、養育費や慰謝料、保険やローンの名義など、隅々までご夫婦のご意見を確認しておくことが重要です。

 

2つ目の種類は、「調停離婚」です。
これは、前述の協議離婚を目指したものの、両者の意見に不一致があり離婚を成立箚せられなかった場合に選択する離婚方法です。
家庭裁判所において、調停委員と呼ばれる第三者が両者の仲介に入り、より冷静かつ客観的に両者の意見をすり合わせつつ離婚を目指します。
調停離婚においては、調停委員を介して話し合いが行われるため、基本的にはご夫婦が顔を合わせる必要がありません。
この調停離婚が成立しなかった場合、「離婚の不成立がご夫婦のわずかな意見の相違によって起こったものである」と裁判所が判断した場合、職権によって「審判離婚」を言い渡すことができるという制度があります。これが3つ目の種類となります。
しかし、この審判離婚は当事者の一方が異議を申立てることによって簡単に覆されるため、実際にはほとんど活用されていない制度だと言われています。

 

そして、調停離婚も不成立に終わり、審判離婚にも至らなかった場合は、最後の離婚方法を選択することになります。
それが「裁判離婚」です。
裁判離婚は、文字どおり法廷で両者の意見を述べ、離婚を成立させるものであり、判決には法的な強制力を伴います。
どれほど離婚問題の解決が難しかった場合でも、最終的に何らかの形で解決に至ることができる一方、裁判に臨む上で時間的・金銭的負担を伴います。
そのため、まずは協議離婚によって離婚を成立させることができないか、ご夫婦で話し合いを重ねていただくことをおすすめいたします。

 

弁護士佐藤英生は、豊富な知識と実績をもとに、離婚問題をはじめとして、相続などの法律問題に広く対応しております。
神戸市を中心として、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県などにお住まいの方からのご相談を承っています。
離婚問題や離婚方法でお悩みの方は、お気軽に弁護士佐藤英生までご相談ください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄とは相続放棄とは、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出ることで、相続を放棄でき...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 相続遺産を独り占めされそ...

    ■遺産相続について相続は、人が亡くなると発生します。相続においては、故人は「被相続人」と呼ばれます。そして、故人の配偶者...

  • 顧問契約を考えるべきタイ...

    「弁護士に相談するのは訴訟を検討するほど紛争が大きくなってから。」とお考えの方も多いと思います。しかし、トラブルが大きく...

  • 債務整理をするとローンは...

    ■債務整理をするとローンが組めなくなる債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。これらの債務整理手続きの...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 契約書の作成とチェック

    ⬛︎契約書の作成とチェック会社が締結しようとしている契約の契約書を作成する業務です。また契約書を事前にチェックし、「法的...

  • 相続の対象となる遺産の範...

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ