就業規則の重要性とは?作成ポイントや変更手続きなどを解説 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 顧問弁護士 > 就業規則の重要性とは?作成ポイントや変更手続きなどを解説

就業規則の重要性とは?作成ポイントや変更手続きなどを解説

就業規則が従業員にとって重要な存在であることはすでに認識していることでしょう。しかし、それがなぜ大切なのか、また会社にとってなぜ重要なのか、あまり考えたことがない方も多いと思います。

そこでこの記事では、就業規則の重要性について触れ、その上で就業規則を作成するときのポイントや作成・変更の手続きなどにも言及していきます。

 

就業規則はなぜ重要なのか

就業規則の重要性について、あらためて見直していきましょう。

「一定規模以上の会社では法律で作成が義務付けられているから」という意味でも重要な存在と言えますが、以下の目的を果たすために就業規則は効果を発揮し、だからこそ重要であると言えます。

 

  • ルールの明確化
  • 従業員の統率
  • 恣意的対応の防止
  • トラブル解決

 

それぞれ詳しく見ていきます。

 

ルールを明確化するため

就業規則は、会社が従業員を従わせ、監視するために作成するものではありません。一方的に押し付けるものではなく、双方の権利義務を明確化させ、会社を発展させていくことが大きな目的です。

そのため、就業規則に定めたからといって会社側が自由に従業員に対し処分を下せるようになるわけではありません。

使用者(会社)と労働者(従業員)の関係において、何をできて何をできないのか、一定事項については法律にも定められているのですが、就業規則は自社の実態に即する形でルールをより明確にする役割を担います。

例えば、法律に抵触しない範囲内で様々な独自ルールを設けていくことになります。会社が「誕生日休暇」などといった制度を作り、休みを別途設けることも可能です。当然、口頭のみでその制度を周知させたところで従業員はその利用に不安を感じてしまいます。当該制度の利用に条件はあるのか、有給で休暇が取れるのか、そもそもその制度が本当に存在しているのかという様々な疑問を抱えてしまいます。

就業規則は、法定の義務を果たす上での会社の取り組みを明確化するだけでなく、会社が独自に設定した制度の明確化を図る上でも重要な存在なのです。

 

従業員を統率するため

従業員が従うべき基本的ルールがないと、従業員を統率できないというリスクが生じます。内容に不備がある場合も同様です。

そこで就業規則は、従業員をまとめ、社内秩序を維持するという観点からも重要なものであると言えます。会社側が押し付けるように作成するものではありませんが、全体のためにルールを設け、ある程度の拘束力は持たせなければなりません。

 

恣意的な対応を防止するため

会社側から従業員に対する処遇があいまいになったり、恣意的になったりすると、従業員は不満を持ちます。

「上司によって対応が変わってしまう」「適切に評価されない」といった事態が生じないためにも就業規則が重要です。

 

トラブル解決に根拠を持たせるため

労務トラブル等が生じた場合、関係従業員の行動に合わせた対応をし、そのトラブルを解決していかなければなりません。しかし、明らかに法に背くような行為を除いて、事前に禁止行為などを明示していなければ、根拠を持って解決に取り組めません。

トラブルを引き起こした従業員による「禁止されている行為とは知らなかった」という主張が通ってしまう可能性も出てきます。

逆に、適切に禁止事項等が定められていれば、就業規則第○条を適用するといった形で、根拠を持って解決ができるようになります。

 

就業規則の作成にあたって注目すべきポイント

それでは、就業規則の作成にあたり注目すべきポイントを簡単にまとめていきます。

ここでは、最低条件である「絶対的記載事項の記載」、そして第一に遵守しなければならない労働基準法など「労働関連法令の改正への追随」、さらに近年注目を集めている「ハラスメントに関するルールの記載」について解説します。

 

絶対的記載事項を適切に規定

就業規則の記載方法などは、基本的に会社の自由です。

しかし、「絶対的記載事項」と呼ばれる、必須の事項(下記)があります。

 

1.始業・終業の時間、休憩時間、休日休暇、交替制であれば就業時転換に関すること

2.賃金の計算方法、支払い方法、賃金の締切りと支払い時期、昇給に関すること

3.解雇の事由など、退職に関すること

 

労働基準法や各種法令の改正に即した内容にすること

労働基準法など、就業規則に関わる法令はいくつかあります。

作成当時に適法なものであったとしても、その後法改正がなされ、適切なものとは言えなくなる可能性があります。

そこで、各法令につき改正法の内容にも適応していく必要が出てきます。

例えば、近年でも高齢者の就業確保に関する努力義務など、社会情勢の変化に応じて就業規則の内容を変化させていくことが望まれます。

法改正に際して新たに条項を設けるという場合には、厚生労働省等から公開されているモデル就業規則の内容も参考にすると良いでしょう。

高年齢者雇用安定法の改正に関しても、どのように規定を置くと良いのか、イメージしやすくなるでしょう。

詳しくは弁護士など専門家に相談すると良いです。

 

パワハラ防止法への適応

近年は社内で起こる各種ハラスメントが社会問題として取り沙汰されることが増えています。

法令の見直しなども行われていますし、また、世間の注目が高まっているということもあり、各会社はハラスメント防止に向けた施策を講じる必要に迫られています。

パワハラに関しては、労働施策総合推進法にて定義がなされ、会社がパワハラ防止策を講じることを義務付けられています。

一般にパワハラは以下6類型に分類可能です。一度パワハラに該当し得る具体的な言動を確認しておくことが大切です。

 

1.身体的攻撃

2.精神的攻撃

3.人間関係の切り離し

4.過大要求

5.過少要求

6.個の侵害

 

セクハラに関しても、会社は防止体制を十分なものにすべきです。周知啓蒙・相談体制の整備・調査等の事後対応に関して就業規則内にも定めていきましょう。セクハラに関連して、ジェンダーハラスメントにも留意しなければなりません。ジェンダーハラスメントは固定的な性差概念に基づいた差別や嫌がらせのことで、セクハラやモラハラにも該当し得ます。どこから該当してしまうのか、線引きは難しいですが、「男のくせに」「女のくせに」といった発言が問題になり得ることは認識しておきましょう。

ハラスメントについて、各法令で企業に「適切な措置を講ずる」義務が明示されており、その具体的内容として再発防止策の策定も含まれると考えられています。各施策を実現できるよう、就業規則内にパワハラなど、ハラスメントに関する条項を設けていきましょう。

 

就業規則作成・変更手続きについて

作成した就業規則は、「過半数組合」または「従業員の過半数代表者」からの意見書を添付して、所轄労働基準監督署への届出が必要です。

作成した就業規則については、見やすい場所に掲示・備え付けたり書面を交付したりして、従業員に対して周知させなければなりません。これも法律上の義務です。

就業規則の変更をした場合も、作成したときと同じく届出等の手続きを要します。

おおまかな手順としては以下の通りです。

 

1.規定内容を変更

2.意見書を作成

3.労働基準監督署に届出

 

意見書の作成に際しては、従業員の代表から意見聴取をする必要があります。ただし、その代表は、工場長や部長といった管理監督者でない者がならなくてはなりません。

なお、就業規則に関する届出は、電子申請が可能です。政府も「e-Gov電子申請」の利用を推奨していますし、会社としても手続きに係る手間が削減できるなどメリットが得られます。

 

就業規則の作成は専門家に依頼を

簡単に就業規則に関して解説してきましたが、実際の作成は容易ではありません。法的な知見を有していなければ幅広い法令へ対応し、適切な条項を設けていくことはできません。そのため就業規則の作成場面では、弁護士など専門家のサポートの必要性は高いです。

すでに作成済みの会社であっても、長年変更手続きをしていないというケースでは近年の法令に準拠できていない可能性が高いです。一度専門家に相談し、変更の必要性について確認してもらうようにしましょう。

神戸ブライト法律事務所では、従業員とのトラブルがあったときはもちろんのこと、トラブルを未然に防ぐサポートも行っております。

労働問題に関してご不安な方、困っている方はぜひ弁護士佐藤英生までご相談ください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 不動産の相続手続きについ...

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重...

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務とは資本金の増減や株式の発行といった会社の資本形成にかかわる業務や、株主総会・取締役会など会社の意思決定機関...

  • 個人再生をすると車はどう...

    「個人再生」とは、裁判所に申立てを行い、借金額を減額してもらう債務整理方法です。任意整理や特定調停は、債権者との話合いを...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

  • 相続の流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは、故人の遺産を一定の身分関係のある人や遺言で指定された人が承継することです。...

  • 法人破産のメリット・デメ...

    法人破産とは、抱えている資産や負債を整理し、法律に定められた破産手続きで会社を清算することを指します。法人破産において、...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ