認知症対策としての家族信託利用 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 家族信託 > 認知症対策としての家族信託利用

認知症対策としての家族信託利用

家族信託は、自分の財産の管理・処分を、信頼できる家族の人に委ねることを言います。近年改正された信託法に基づく新しい制度で、認知症対策として有効な制度として近年注目されています。
家族信託は、なぜ認知症対策になるのでしょうか。

 

認知症は単なる老化ではなく、なんらかの病気によって発症する症状のひとつです。認知症が進行すると、判断能力や理解能力がだんだんと乏しくなってしまいます。治る種類の認知症もありますが、症状が進行してしまうケースが多いようです。
このような場合に問題なるのが、お金や権利関係など、財産の管理です。認知症による判断能力の衰えから、正常な状態では考えられない契約をしてしまうことや、以前に行っていた株式や為替の投資ができなくなることがあります。また、本人が認知症であることを悪用した第三者から、詐欺的な行為や悪徳な取引を持ちかけられてしまうおそれもあります。
このようになってしまう前に、娘や息子など、誰か信頼できる家族に財産管理を予めお願いしておくことで、自分が万が一認知症になってしまったときにも、財産のことで心配ごとがなくなります。

 

そうだとしてもなぜ、親の財産管理をするのに家族信託の制度を利用するのが良いのでしょうか。
いくら家族でも、親の財産と、子の財産は法律的にはまったく別の財産権です。代理権や、管理処分権限がないのに親の財産を勝手に使ってしまうとことは、法律的には無権利者ということになり、問題がある行為にあります。
また、類似の制度に成年後見制度というものがあり、この制度をつかっても家族の財産を管理することができます。しかし、この制度は家庭裁判所の監督下で利用するため、法的には安心ですが、手続きが煩雑で、また柔軟に行うことができません。家族の状況にもよりますが、具体的なケースによってはおすすめできない場合も多く、実際に利用者が少ないのが現状です。

 

神戸ブライト法律事務所は、神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの方から、様々な法律相談を承っております。迅速・的確・丁寧をモットーに全力でサポート致します。
家族信託に関するお悩みは、知識と経験が豊富な弁護士・佐藤英生までお気軽にご相談下さい。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 債務整理の種類

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄とは相続放棄とは、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出ることで、相続を放棄でき...

  • 離婚時に決めるべきこと

    離婚を成立させる前に、ご夫婦で話し合って決めておかなければならないことは数多く存在しています。まず、財産に関する事項です...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。...

  • 任意整理と過払い請求につ...

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 過失割合と逸失利益につい...

    皆さんは過失割合や逸失利益という言葉を聞いたことがおありでしょうか。多くの人にとって、非常に耳慣れない言葉かと思います。...

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ