家族信託の手続きの流れ / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 家族信託 > 家族信託の手続きの流れ

家族信託の手続きの流れ

■家族信託とは
「家族信託」は、比較的新しく設けられた制度で、財産管理の方法として注目されています。家族信託でできることは、主に財産管理を委託すること、そして遺産の承継をすることです。そのため、遺言や後見制度と並んで、相続の新たな形として考えることもできます。ここでは、家族信託について、制度の基本的な知識について説明するほか、家族信託を利用するにはどのような手続きが必要となるのか、といったことを分かりやすく説明していきます。

 

●家族信託の基礎知識
家族信託は、財産管理や資産運用について、家族に委託するという制度です。また、家族信託によって、財産の承継について本人の意思をより反映させやすくなります。これまで利用されてきた、遺言制度や後見制度の代わりに利用することもできますし、それらと併せて利用することもできます。

 

遺言の場合には、本人が意思表示を生前にしておき、死後にその意思表示が効力を生じます。一方、後見制度の場合には、本人が判断能力のあるうちに意思表示をしておき、その判断能力が失われたときから効力を持ちます。これらと比較すると、家族信託の場合には、本人が生きているうちに、そして、判断能力があるうちから、本人の意思を反映させることができるという違いがあります。家族に財産管理等を委託し、実際に家族による財産の管理等が行われる様子を本人がきちんと判断能力のあるうちに見届けられるのです。そのため、いざ本人が判断能力を失ってしまったとしても、引き続き家族がスムーズに財産管理を遂行できます。

 

また、家族信託の仕組みは、非常に基本的な構図となっています。委託者・受託者・受益者という3者の関係により成り立つもので、委託者である本人と受託者である家族との間の契約関係からスタートします。

 

●家族信託の手続き
家族信託の基礎知識について確認してきました。ここからは、家族信託を行うためにはどのような手続きを行うことになるのか、その流れについて詳しく見ていきましょう。

 

まず、大まかなものとしては、①家族で話し合い契約を締結する②契約書を作成する③財産の名義を移す④財産管理に必要な口座を開設するという流れになります。

 

①家族で話し合い契約を締結する
最も大切なことは、なぜ家族信託を行うのかという目的を明確にしておくことです。それにより、財産管理の方法や財産の行方が左右されます。

また、財産管理を委託する・される関係にある委託者と受託者だけでなく、他の家族も交えて話し合えると良いです。

当事者間だけで話が完結してしまい、他の家族に共有されないと、後々相続が発生した際に遺産をめぐったトラブルに発展する可能性があるからです。

 

②契約書を作成する
話し合いにより、財産管理を行う家族を誰にするのか、どの財産をどのように管理するのかといったことが決定されれば、その内容を契約書にまとめます。

記載はできるだけ明確な表現にし、具体的に書きましょう。解釈の余地を残してしまうと、揉め事の原因となりかねません。また、作成した信託契約書は、公証役場で公正証書化することが望ましいです。なぜなら、公正証書は、その文書が本人の意思で作成されたものだということを公的に証明してくれるものだからです。

 

③財産の名義を移す
契約についての手続きが終われば、財産の名義を委託者から受託者へ移します。不動産の場合は、登記の申請が必要となりますので、不安がある場合には専門家に相談しても良いかもしれません。

 

④財産管理に必要な口座を開設する
家族信託でお金の管理をすることになった場合には、新たに家族信託専用の口座を開設し、お金の管理をします。

 

以上の流れに沿って、家族信託を進めていくことになります。

 

●家族信託のご相談は当事務所まで
弁護士 佐藤英生は、家族信託に関するご相談を幅広く承っております。

家族信託の手続きに関するご相談は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 養育費の概要と計算方法

    子供を育てるうえで大切なことは愛情を注ぐということだと思いますが、金銭的な余裕がないと精神的余裕や時間的余裕がなくなって...

  • 任意整理のメリット・デメ...

    ■任意整理とは任意整理とは、「債務整理」の方法のうちの1つです。「債務整理」とは、借金を抱えている方のための制度で、借金...

  • 離婚の種類

    離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。 まず1つ目の種類...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 離婚時に決めるべきこと

    離婚を成立させる前に、ご夫婦で話し合って決めておかなければならないことは数多く存在しています。まず、財産に関する事項です...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 遺言書の書き方と種類

    ■遺言書とは遺言書とは、自分の死後に財産をどのように分けるのかについてあらかじめ示しておくものです。遺言書を作成しておけ...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ