家族信託で失敗しないためのポイントや弁護士に相談するメリット / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 家族信託 > 家族信託で失敗しないためのポイントや弁護士に相談するメリット

家族信託で失敗しないためのポイントや弁護士に相談するメリット

家族信託制度は、保有している財産を信頼できる家族に託して、管理や処分を任せる財産管理方法のことです。家族信託は、委託者が保有する財産を、受託者が委託者のために保有・管理・処分するものです。「委託者」は、財産を保有する人であり、家族に財産の管理を託す人のこことで、「受託者」は、委託者から財産の管理・処分を託された人のことであり、善管注意義務、忠実義務、分別管理義務を負うことになります。この「受益者」は、信託によって利益を受ける人のことで、「委託者」=「受益者」になる場合もあります。

 

この家族信託は、本人が認知症などで判断能力が低下する前に、財産管理を事前に第三者に行わせることで、認知症に備えることができるというようなメリットがある一方で、受託者が委託者の財産を無断で使い込んでしまう可能性があるというようなデメリットも存在します。受託者には、財産を運用する権限が付与されているため、この権利を悪用して自身のために使い込まれてしまうような場合が存在します。

 

このようなことにならないためにも、家族信託を行う場合には、弁護士に相談することをおすすめします。では、弁護士に相談することで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

まずは、ケースバイケースに応じた信託契約書を作成することができる点が挙げられます。そもそも、信託契約は、諾成契約とされており、契約書を作成しなくとも口頭での合意のみでも成立するものです。しかし、信託契約は、委任者・受託者・受益者という利害関係人を多く発生させる契約であるため、信託内容を契約書により明らかにする必要があります。そこで、弁護士に相談すれば、上記利害関係人間での紛争を未然に防止し、それぞれの状況に合わせた適切な契約書作成をサポートすることができます。

 

また、信託契約の内容についても弁護士に相談することができます。家族信託の内容としは、自分が認知症になった場合に備えて、認知症になるまでは自身で財産管理を行い、認知症になったときに家族に財産管理を行ってもらうもの、生前から全ての財産管理を家族に行ってもらうもの、自分が死亡した場合に家族に財産管理を行ってもらうものなど、多岐にわたります。このように、家族信託と一口に言っても様々なものが存在し、弁護士に相談することで、ご自身の状況に合わせた適切な家族信託の内容を提案することができます。

 

以上のように、家族信託を行う場合に、弁護士に相談することで、信託契約を作成して紛争に発展することを防止したり、適切な家族信託を提案することができたりします。

 

神戸ブライト法律事務所は、神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの方から、様々な法律相談を承っております。既に紛争となってしまった事案についてはもちろんのこと、紛争にはなっていないものの相続手続全般に関する代行サービスや遺言書作成まで含めて、幅広く相続に関する法的サービスをご提供することが可能です。また、不動産登記や相続税の問題についても、当事務所と提携関係にある司法書士や税理士等の専門職と連携を図り、ワンストップサービスを提供することが可能です。お気軽にご相談ください。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

  • 養育費の概要と計算方法

    子供を育てるうえで大切なことは愛情を注ぐということだと思いますが、金銭的な余裕がないと精神的余裕や時間的余裕がなくなって...

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務とは資本金の増減や株式の発行といった会社の資本形成にかかわる業務や、株主総会・取締役会など会社の意思決定機関...

  • 相続の流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは、故人の遺産を一定の身分関係のある人や遺言で指定された人が承継することです。...

  • 自己破産のメリットとデメ...

    自己破産とは、破産申立書を裁判所に提出することにより借金を返さないでよいという決定をしてもらう債務整理を言います。裁判所...

  • 神戸市の債務整理は弁護士...

    債務整理とは、借金を負っている場合、借金の減額・免除、支払いの猶予をすることで、借金を抱えた苦しい生活から抜け出す手段の...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 相続放棄手続きの基本の流...

    家族が亡くなって相続人になった場合、相続放棄を希望する方もいます。一般的に、被相続人の死亡を知った日から3ヵ月以内に相続...

  • 法人破産のメリット・デメ...

    法人破産とは、抱えている資産や負債を整理し、法律に定められた破産手続きで会社を清算することを指します。法人破産において、...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ