家族信託 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 家族信託

家族信託に関する基礎知識や事例

家族信託という言葉を知っていますか。家族信託は、認知症対策や障がいの子を持つ家庭のために有益な制度で、老後認知症になってしまったときや、親の死後に、信頼できる家族に、財産管理を任せる制度です。

ところで、「信託」とはなんでしょうか。信託というのは、他人(受託者)に自分の財産を移転してしまって、一定の目的の範囲内での財産管理を任せることをいいます。財産を託す人のことを「委託者」、財産を管理する人のことを「受託者」、財産の管理や運用によって得た利益を受け取る人を「受益者」といいます。

信託の言葉は、「投資信託」や、「〇〇信託銀行」などで聞いたことがあると思います。例えば信託銀行に、祖父が孫の教育資金を預ける、というときは、教育資金を預ける祖父が「委託者」、預かったお金を運用する信託銀行が「受託者」、教育資金をもらえる孫が「受益者」ということになります。
家族信託は、信頼できる家族に「受託者」になってもらう制度なのです。
例えば、「自分が将来認知症になってしまった場合に、自分の株式や預貯金をうまく管理できるか心配だ」という場合に、自分の子を「受託者」として、管理してもらうことができます。知的障がいを持つお子さまがいる場合には、「将来私たち親がいなくなっても困らないように、死後はこの子の財産管理を姪っ子に任せよう」というようにして、親戚の誰かを「受託者」にするということができます。

認知症や、障がい者の場合に、銀行ではなく家族に信託をお願いすることがより良い理由は、やはり信頼している家族だからこそ本人や受益者の要望に寄り添ったお金の使い方が実現するということです。家族であれば、それぞれの詳しい事情や状況を把握しているのが通常ですから、安心して信託をはじめられるといえます。また類似の制度として、「成年後見制度」いうものもありますが、裁判所に報告義務があるなど手続きが複雑かつ厳しいため、柔軟に財産管理できずあまり使われていないという現状があります。家族信託は、これらのデメリットを克服した制度であるといえます。

神戸ブライト法律事務所は、神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの方から、様々な法律相談を承っております。迅速・的確・丁寧をモットーに全力でサポート致します。
家族信託に関するお悩みは、知識と経験が豊富な弁護士・佐藤英生までお気軽にご相談下さい。



弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 離婚時に決めるべきこと

    離婚を成立させる前に、ご夫婦で話し合って決めておかなければならないことは数多く存在しています。まず、財産に関する事項です...

  • 慰謝料請求できるケース

    「配偶者の不貞行為を理由に離婚を考えているが、慰謝料を請求できるか不安に思っている」このように、離婚に際し、慰謝料請求の...

  • 財産分与の対象とは

    ■離婚における財産分与とは夫婦の財産については、夫婦が協力して形成してきた財産であると考えられます。そのため、離婚の際に...

  • 養育費の概要と計算方法

    子供を育てるうえで大切なことは愛情を注ぐということだと思いますが、金銭的な余裕がないと精神的余裕や時間的余裕がなくなって...

  • 後遺障害等級とは

    後遺障害等級は、読んで字のごとく、後遺障害についての等級をさします。ここでは、後遺障害についてから詳しくご説明してまいり...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄とは相続放棄とは、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出ることで、相続を放棄でき...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 任意整理と過払い請求につ...

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

  • 就業規則の重要性とは?作...

    就業規則が従業員にとって重要な存在であることはすでに認識していることでしょう。しかし、それがなぜ大切なのか、また会社にと...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ