顧問弁護士 メリット / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 顧問弁護士に関するキーワード > 顧問弁護士 メリット

顧問弁護士 メリット

  • 契約書の作成とチェック

    ⬛︎顧問弁護士に契約書の作成やチェックを任せるメリット契約書の作成やチェックは、単に文言をチェックすればよいわけではありません。契約の背景や目的を理解した上で、リスクを潰し、できるだけ会社の利益を確保できるように、契約書を点検することが求められるのです。このような業務を行うためには、十分な法的知識を有していること...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄のメリット相続をすると被相続人の財産だけでなく借金などの債務も一緒に引き継ぐことになります。また、相続財産が大きいと相続税など、相続財産にかかる税金も高額になり、相続財産が不動産などの場合は管理費用なども負担しなければなりません。これらの要因から相続をすることによって、利益よりも負担が大きくなる際に、...

  • 後遺障害等級とは

    被害者側としては、面倒な手続きが減るメリットがありますが、正確な後遺障害等級を認めてもらえない可能性も否定できません。2つ目は、被害者請求と呼ばれる方法で、被害者自身が手続きを行う方法です。正確な書類を揃えて申請が可能となるほか、自賠責保険金を早く受け取ることができるというメリットもあります。 神戸ブライト法律事...

  • 保険会社との示談交渉を弁護士に依頼するメリット

    ここでは、保険会社との交渉を弁護士に任せた場合のメリットについて、ご説明いたします。 ■損害賠償についての交渉示談交渉、すなわち損害賠償についての交渉と聞いて、多くの人が「難しそう」「素人の私が意見しても損になりそう」などとお考えになります。特に近年では、任意保険会社による示談代行サービスへの加入が一般的になった...

  • 任意整理と過払い請求について

    任意整理をすることのメリットとしては、債権者との話し合いで毎月の返済額を決定することができるので計画的な債務の履行をすることができることでしょう。デメリットは自分が任意整理という債務整理手続きをしたことが信用情報として記載され、今後の借入れが難しくなることです。 ⑵過払金請求過払金請求とは、利息制限法の限度以上に...

  • 自己破産のメリットとデメリット

    今回は、債務整理としての自己破産のメリット・デメリットを見ていきましょう。 ⑴メリットメリットは、なんといっても今まで抱えていた借金などの債務を帳消しにできることでしょう。債務が消されることでもう1度人生を文字どおり「まっさら」にしてスタートすることができます。また、債務の返済を免れるので債権者などによる取り立て...

  • 顧問弁護士の重要性

    顧問契約を締結すると、弁護士に依頼したい案件が発生した場合は基本的に顧問弁護士を頼ることになります。一々、弁護士を探して依頼する手間が省けます。また、顧問弁護士が対応できない案件であっても他の士業などを紹介することができます。企業法務はスピードが求められることが多いため、時間節約のために顧問弁護士の存在が重要にな...

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務の重要性と顧問弁護士組織法務は会社の根本に関わる極めて重要な業務です。株主総会や取締役会の決議に何らかのミスがあると、その意思決定をもとに行った様々な業務が影響を受け、不特定多数の株主や取引先からの信頼を失墜させる事態になりかねません。一方で、取締役会や株主総会は定期的に開催しなければなりません。つま...

  • 個人再生をすると官報に掲載されるか

    対して個人再生は対象者になるにはいくつかの条件をクリアする必要がありますが、職業制限や不動産を売却することを避けられるメリットがあります。 一見良いことづくめに見える個人再生ですがもちろんデメリットも存在します。具体的にいうと公的書類である官報に金融事故情報として載せられることです。では実際どんな支障がでるのかを...

  • 任意整理のメリット・デメリット

    ●任意整理のメリット債務整理には、任意整理のほかに「個人再生」や「自己破産」といった方法もあります。まず任意整理について説明します。任意整理とは、債権者(消費者金融などの貸金業者)との話し合いによって、借金を減額したり無理なく返済できるようにしたりする方法です。この交渉は弁護士などの代理人を通して行うことになりま...

  • 法人破産のメリット・デメリット

    法人破産において、3つのメリットが挙げられます。 1つ目は、会社の借金や負債を帳消しにできることです。つまり、会社が抱える債務から解放されるということです。法人破産を行う際にも費用が発生しますが、その金額以上の負債を帳消しにすることが可能なります。借金を抱える経営者は、資金繰りや事業再建といった悩みを抱えています...

  • 民事再生の手続き方法

    借金や債務を整理する場合には、メリットがある個人再生ですが、デメリットも存在します。信用情報にブラックリストの記載をされたり、個人再生を行ったことが官報に広告されたりなどさまざまです。個人と法人、いずれの場合においても、民事再生について弁護士と共に慎重に検討する必要があります。 神戸ブライト法律事務所は、神戸市な...

  • 神戸市の債務整理は弁護士にご相談ください

    これら3つの債務整理には、それぞれメリットとデメリットがあります。弁護士に依頼することで、お客様に合った形で債務整理を行うことができます。また、弁護士に依頼すれば、その時点で督促が停止し、支払いが不要となります。 ご依頼があれば、借金をしている業者との取引から、法律で定められた利息で弁護士が計算し、借金がどれだけ...

  • 家族信託のメリット・デメリット

    家族信託の制度をつかうことにはいくつかメリットがあります。まず、銀行など第三者と異なり、信頼できる家族が財産管理を行うことで、委託者の希望にかなった財産の運用が実現することが挙げられます。また、類似の制度として成年後見制度がありますが、家庭裁判所の監督下で行うため、法律的には安心ですが手続きとしては複雑です。それ...

  • パチンコで多額の借金ができたら

    債権者との話し合いをするだけで、周囲に知られることなく債務整理ができるというメリットがある一方、交渉が上手くいかなければ、借金の負担を軽くする効果は大きなものにはなりません。個人再生は、裁判所を介する手続きで、多少複雑なものになります。再生計画案を提出し、それを認めてもらうことで、借金の一部が免除され、残りを3年...

  • 債務整理をするとローンは組めなくなる?

    この登録があると、基本的には、クレジットカードが使えなくなったり、住宅ローンや携帯電話の分割払いなどのローンが組めなくなるといったデメリットが発生します。ただし、事故情報が登録されるのは5〜10年程度ですので、5〜10年の一定期間が経過し事故情報の登録がなくなれば再度ローンを組むことができる可能性が出てきます。

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 遺産分割協議書の作成方法...

    ■遺産分割協議書とは遺産分割協議書とは、「遺産分割協議」をした結果、そこで決定した内容を記録しておくものです。人が亡くな...

  • 組織法務

    ⬛︎組織法務とは資本金の増減や株式の発行といった会社の資本形成にかかわる業務や、株主総会・取締役会など会社の意思決定機関...

  • 遺産分割協議について

    ⬛︎遺産分割協議被相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。...

  • 債務整理をするとローンは...

    ■債務整理をするとローンが組めなくなる債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがあります。これらの債務整理手続きの...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄とは相続放棄とは、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出ることで、相続を放棄でき...

  • 財産分与の対象とは

    ■離婚における財産分与とは夫婦の財産については、夫婦が協力して形成してきた財産であると考えられます。そのため、離婚の際に...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ