親 亡くなる 手続き / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続に関するキーワード > 親 亡くなる 手続き

親 亡くなる 手続き

  • 相続の流れ

    万が一遺産分割が終わった後に故人の遺言書が見つかった場合は、相続の手続きをやり直さなければいけなくなりますのでご注意ください。もし、遺言書が見つかったときは、自分で勝手に開けてはいけません。封がしてある遺言書は相続人や代理人の立会いの下、家庭裁判所で検認を受けて、開封することが法律で定められています。 また、だれ...

  • 相続の対象となる遺産の範囲とは?

    一身に専属するものとは、使用貸借権や扶養請求権、代理権や権、生活保護受給権他に離婚請求権などは一身専属権になるので、相続されることはありません。 また、上述のような不動産や預貯金、現金や株式などの相続したら財産上プラスとなるような積極財産のみならず、借金やローンなどの相続すれば財産上マイナスとなるような消極財産...

  • 代襲相続とは

    相続人となるべき子が相続開始以前にすでに死亡していたり、廃除や欠格などの一定の理由で相続人になれないときは、その相続人の子がに代わって相続します。これを代襲相続といい、代わりに相続人となる人のことを代襲相続者といいます。 もし孫もすでに死亡していた場合、曾孫や玄孫といった直系卑属が代襲相続することとなります。

  • 遺産分割協議について

    被相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分を有する形で、全相続人の共有状態になります。この共有状態を解消し、個々の相続人が単独で相続財産の権利を取得できるように相続人の間で分割方法を話し合うのが遺産分割協議です。 ⬛︎遺産分割協議の条件・時期遺産分割協...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄の手続き相続人または法定代理人が家庭裁判所に申述する方法で行います。ただし、相続人が未成年の場合で、が子を代理して申述する場合は、の利益と子供の利益が相反することがあるため、特別代理人の選任が必要になることがあります。手続きでは申述書に加えて、被相続人と申述人の戸籍謄本など申述人が相続人であること...

  • 成年後見制度で後見人を弁護士に依頼するメリット

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代行できます。家族が仕事や被後見人の介護などで、手続きなどを行う余裕がない場合は弁護士を被後見人にしておくと便利です。 ⬛︎家族が高齢や遠方にいても安心家族が被後見人と離れて暮らしている場合や、高...

  • 不動産の相続手続きについて

     9.8.神戸ブライト法律事務所では、遺言の作成や遺産分割、登記や納税の手続きなど相続に関する相談を取り扱っております。神戸市を中心に大阪府・兵庫県・京都府・岡山県などにお住まいの相続問題でお悩みの方、弁護士への依頼を検討されている方はぜひ弁護士佐藤英生までご相談ください。

  • 離婚の種類

    離婚を成立させる方法には、4つの種類が存在しており、その内容や手続きに多くの違いがあります。 まず1つ目の種類は、「協議離婚」というものです。協議離婚とは、文字どおりご夫婦が協議することによって離婚を成立させるというものであり、両者の合意があれば、離婚届を提出することができます。離婚に対するハードルが最も低い離婚...

  • 離婚時に決めるべきこと

    未成年者のお子様をお持ちの場合、お子様の権者を決定しない限り、離婚届が受理されることはありません。しかし、現在の日本においては、お子様の権は一人しか得ることができません。そのため、お子様の将来を考慮に入れつつ、慎重に話し合いを進める必要があります。加えて、お子様の養育費をはじめとして、面会交流の内容や頻度など...

  • 後遺障害等級とは

    1つ目は、事前認定と呼ばれる方法で、加害者側に手続きの一切を任せる方法です。被害者側としては、面倒な手続きが減るメリットがありますが、正確な後遺障害等級を認めてもらえない可能性も否定できません。2つ目は、被害者請求と呼ばれる方法で、被害者自身が手続きを行う方法です。正確な書類を揃えて申請が可能となるほか、自賠責保...

  • 不動産取引

    そこで、ただ契約をすればいいわけではなく、登記などの手続きが必要になってきます。また、取得後も管理や固定資産税などの税金の支払いが必要になってくるのも重要な点です。 ⬛︎賃貸借契約の特徴土地や建物の賃貸借契約については借主を保護するために特別な規制が設けられています。原則として契約期間の途中で大家が一方的に契約を...

  • 不動産トラブルの解決は弁護士に相談

    不動産のトラブルは動く金銭が大きいこと、登記などの手続きが必要になることなどの要因から複雑化、深刻化するケースが多く見受けられます。弁護士に依頼すれば、交渉や手続きを一任できるだけでなく、万が一訴訟になった場合でも損害を極力抑え、お客様に有利な条件で解決できます。 神戸ブライト法律事務所では、不動産に関する相談を...

  • 任意整理と過払い請求について

    デメリットは自分が任意整理という債務整理手続きをしたことが信用情報として記載され、今後の借入れが難しくなることです。 ⑵過払金請求過払金請求とは、利息制限法の限度以上に不当に払い続けていたお金の返還を請求する債務整理です。基本的には借金を返済してから10年以内に請求をしないと時効が成立してしまうので注意しましょう...

  • 個人再生をすると官報に掲載されるか

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済をする手続きのことをさします。なお、減額については実際借金をしている金額や、自身が持っている資産によって変わります。また、似たような制度に自己破産がありますが、自己破産は自己所有の不動産などを売...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが権を持つかということでしょう。権とは未成年者の子供を養育や監護し、その財産管理を担う権利になります。また、子供の代理人として法律行為をおこなう権利や義務もあります。権の性質は、大きく2つに分かれており、財産管理権と身上監護権になります。 通常権を持つとい...

  • 養育費の概要と計算方法

    今回は権や監護権を持つに支払われるだろう養育費の計算方法を考えていきたいと思います。 【養育費の計算について】まず子供のいる夫婦が離婚すると決めたのであれば、最低限4つの事柄を取り決めしましょう。それは、支払期間・毎月の支払金額・支払日・振込先になります。この中の支払い金額については基本的に夫婦間で自由に金額...

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 契約書の作成とチェック

    ⬛︎契約書の作成とチェック会社が締結しようとしている契約の契約書を作成する業務です。また契約書を事前にチェックし、「法的...

  • 遺産分割協議について

    ⬛︎遺産分割協議被相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分...

  • 個人再生をすると官報に掲...

    個人再生とは、簡単にいうと自身の住居などの財産を保有したまま、大きく減額された借金を基本的に3年という期間で分割して返済...

  • 相続の流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは、故人の遺産を一定の身分関係のある人や遺言で指定された人が承継することです。...

  • 成年後見制度で後見人を弁...

    ⬛︎手続きを全て任せることができる後見開始の審判の申立てはもちろんのこと、弁護士は被後見人に必要な法律上の手続きを全て代...

  • 債務整理の種類

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 後遺障害等級とは

    後遺障害等級は、読んで字のごとく、後遺障害についての等級をさします。ここでは、後遺障害についてから詳しくご説明してまいり...

  • 過失割合と遺失利益につい...

    皆さんは過失割合や逸失利益という言葉を聞いたことがおありでしょうか。多くの人にとって、非常に耳慣れない言葉かと思います。...

  • 養育費の概要と計算方法

    子供を育てるうえで大切なことは愛情を注ぐということだと思いますが、金銭的な余裕がないと精神的余裕や時間的余裕がなくなって...

  • 離婚時に決めるべきこと

    離婚を成立させる前に、ご夫婦で話し合って決めておかなければならないことは数多く存在しています。まず、財産に関する事項です...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ