兄弟 相続 / 弁護士 佐藤英生

弁護士 佐藤英生 > 相続に関するキーワード > 兄弟 相続

兄弟 相続

  • 代襲相続とは

    相続人となるべき子が相続開始以前にすでに死亡していたり、廃除や欠格などの一定の理由で相続人になれないときは、その相続人の子が親に代わって相続します。これを代襲相続といい、代わりに相続人となる人のことを代襲相続者といいます。 もし孫もすでに死亡していた場合、曾孫や玄孫といった直系卑属が代襲相続することとなります。

  • 兄弟間での相続と遺留分の関係とは

    まず、前提として、兄弟が亡くなった場合、亡くなった兄弟に子どもや親がいた場合、その人たちが相続人となるため、原則として、その人の兄弟は財産を相続することはできません。しかし、亡くなった人に家族がいなかったり、配偶者のみが存在する場合などには、兄弟相続人として財産を相続することができます。 もっとも、亡くなった人...

  • 相続の流れ

    相続は人の死によって開始します。「相続」とは、故人の遺産を一定の身分関係のある人や遺言で指定された人が承継することです。遺産を相続される人のことを被相続人、相続する人を相続人と呼びます。故人が亡くなった場合には遺言書があるかどうかを調べる必要があります。万が一遺産分割が終わった後に故人の遺言書が見つかった場合は、...

  • 相続の対象となる遺産の範囲とは?

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金、現金や株式などです。一身に専属するものとは、使用貸借権や扶養請求権、代理権や親権、生活保護受給権他に離婚請求権などは一身専属権になるので、相続されることはありません。 また、上述のような不動産...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。相続税の対策は、相続の開始前に行うことが基本となります。相続発生後の相続税対策は効果や方法が限定されてしまいますので、生前に行うのが最良です。相続税の対策は、相続財産の評価を引き下げることが主と...

  • 遺産分割協議について

    相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分を有する形で、全相続人の共有状態になります。この共有状態を解消し、個々の相続人が単独で相続財産の権利を取得できるように相続人の間で分割方法を話し合うのが遺産分割協議です。 ⬛︎遺産分割協議の条件・時期遺産分割協...

  • 相続放棄とは

    ⬛︎相続放棄とは相続放棄とは、相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申し出ることで、相続を放棄できる制度です。相続放棄をした相続人は、最初から相続人でなかったものとみなされます。放棄後に撤回することはできません。 ⬛︎相続放棄の手続き相続人または法定代理人が家庭裁判所に申述する方法で行います...

  • 不動産の相続手続きについて

    ⬛︎相続登記の重要性相続後、登記を変更しないままにしておくと売買や相続人が亡くなって更に相続が発生するなどの権利変動が重なることで、時間の経過とともに権利関係が複雑化し登記手続が次第に困難になっていきます。また、登記を変更しなければ不動産の所有者が外部に示されていないためトラブルの原因となります。したがって、相続...

  • 離婚の種類

     弁護士佐藤英生は、豊富な知識と実績をもとに、離婚問題をはじめとして、相続などの法律問題に広く対応しております。神戸市を中心として、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県などにお住まいの方からのご相談を承っています。離婚問題や離婚方法でお悩みの方は、お気軽に弁護士佐藤英生までご相談ください。

  • 離婚時に決めるべきこと

     弁護士佐藤英生は、豊富な知識と実績をもとに、離婚問題をはじめとして、相続などの法律問題に広く対応しております。神戸市を中心として、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県などにお住まいの方からのご相談を承っています。離婚問題でお悩みの方は、お気軽に弁護士佐藤英生までご相談ください。

  • 慰謝料請求できるケース

     弁護士佐藤英生は、豊富な知識と実績をもとに、離婚問題をはじめとして、相続などの法律問題に広く対応しております。神戸市を中心として、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県などにお住まいの方からのご相談を承っています。慰謝料や離婚問題でお悩みの方は、お気軽に弁護士佐藤英生までご相談ください。

  • 個人再生をすると官報に掲載されるか

    そもそも官報とは国の交付する新法や改正法の情報、また破産や相続に関する裁判内容が記される広報誌のような役割を担っています。こちらは紙媒体とインターネットで公開されています。おもに個人再生をした場合に載せられる情報は以下になります。・住所・債務者名・個人再生した日にち・なぜ個人再生をおこなったのかの理由・個人再生の...

  • 遺産分割協議書の作成方法と必要書類

    人が亡くなると、相続が発生します。相続が発生すると、亡くなった方の遺産を相続人同士で分割することになります。この遺産分割の方法や具体的な分け方を決定する場が「遺産分割協議」と呼ばれるものです。そこでの決定内容は、相続人全員の合意した内容でなければなりません。遺産分割は、金銭が関わる問題でもあり、トラブルがつきもの...

  • 遺言書の書き方と種類

    もし、遺言書を作成しなければ、相続人全員が話し合いをして遺産分割をすることになります。この遺産分割協議ではトラブルが多発しやすいため、相続人のためにも遺言書を残しておくことをお勧めします。しかし、注意しなければならないのは、遺言書を作成するには様々なルールに従わなければならない点です。法律で定められたルールがあり...

  • 家族信託にかかる費用

    特に、信託は財産に関することであり、また内容では受益者連続信託といって死後に財産の後継ぎを決めておくという相続に近いことを決めておくこともできる非常に効果の強い契約ですから、トラブルになるリスクが高いのです。 家族間でのトラブルは避けたいところですので、専門家に依頼して法律を守った形式の信託の契約書や遺言を作成す...

  • 家族信託のメリット・デメリット

    これは、二次相続について指定できるという意味では相続法における遺言ではできないことができるのです。その点で自由度は高いです。加えて、倒産隔離機能をもち、受託者の財産状況が悪化しても、信託財産は差し押さえられることはありません。この意味で、贈与してしまうよりも安心です。 一方、デメリットもありますので注意が必要です...

  • パチンコで多額の借金ができたら

    ●借金や債務整理に関するご相談は当事務所まで 弁護士 佐藤英生は、相続に関するご相談を幅広く承っております。多額の借金を抱えてお困りの方、債務整理方法について検討されている方は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • 相続遺産を独り占めされそうな場合

    ■遺産相続について相続は、人が亡くなると発生します。相続においては、故人は「被相続人」と呼ばれます。そして、故人の配偶者や子など、被相続人の遺産を受け継ぐ人たちのことを「相続人」といいます。たいていの場合、遺産が1つとは限りませんし、相続人も複数人いることが多いです。そのため、遺産を引き継ぐために相続人たちで遺産...

  • 家族信託の手続きの流れ

    そのため、遺言や後見制度と並んで、相続の新たな形として考えることもできます。ここでは、家族信託について、制度の基本的な知識について説明するほか、家族信託を利用するにはどのような手続きが必要となるのか、といったことを分かりやすく説明していきます。 ●家族信託の基礎知識家族信託は、財産管理や資産運用について、家族に委...

  • 相続財産に該当するものとは?相続財産の探し方まで徹底解説!

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないからです。また、相続に該当しない財産を誤解して遺産分割で争ってしまうことも多いです。 相続財産に該当するものとは、何なのでしょうか?このようなトラブルを回避するためにも相続財産について理解を深めてお...

  • 相続放棄手続きの基本の流れについて!自分で手続きは行えるの?

    家族が亡くなって相続人になった場合、相続放棄を希望する方もいます。一般的に、被相続人の死亡を知った日から3ヵ月以内に相続放棄手続きをしなければいけません。 手続きに不備があり、相続放棄が認められないなどが起きないように、手続き方法について理解を深めておきましょう。この記事では、相続放棄手続きの流れについて分かりや...

  • 財産分与の対象とは

    夫婦の一方が親などから相続、贈与等で無償で個人的に譲り受けたものに関しては原則として財産分与の対象となりません。・個人的な借金夫がパチンコのために借金をした等、個人的に借金をしてしまった場合には、当該借金は財産分与の対象とならない可能性があります。 このほかにも財産分与の対象とならない財産には様々なものがあります...

  • 家族信託で失敗しないためのポイントや弁護士に相談するメリット

    既に紛争となってしまった事案についてはもちろんのこと、紛争にはなっていないものの相続手続全般に関する代行サービスや遺言書作成まで含めて、幅広く相続に関する法的サービスをご提供することが可能です。また、不動産登記や相続税の問題についても、当事務所と提携関係にある司法書士や税理士等の専門職と連携を図り、ワンストップサ...

弁護士 佐藤英生が提供する基礎知識

  • 養育費はいつまで支払うか

    ■養育費とは養育費とは、子どもの成長のために必要な費用のことをいいます。子どもが成長するまでには、生活費のほか、教育費や...

  • 相続税対策は何をする?

    相続税は金額的に高額となる場合が多々あります。そのため、節税対策を行うか否かが納税額に大きく影響を与えることとなります。...

  • 相続財産に該当するものと...

    相続財産の調査は入念に行わなければいけません。相続を承諾した後に、負の相続が見つかってトラブルになることも珍しくないから...

  • 保険会社との示談交渉を弁...

    交通事故が起きた後、怪我の治療と平行して行わなければならないのが、損害賠償についての交渉です。ここでは、保険会社との交渉...

  • 相続の対象となる遺産の範...

    相続の対象となる遺産の範囲は、故人の一身に専属するもの以外が相続の対象となります。例えば、故人の持っていた不動産や預貯金...

  • 遺産分割協議について

    ⬛︎遺産分割協議被相続人が亡くなると、相続財産は自動的に相続人のものとなります。それにともない相続財産は、各相続人が持分...

  • 債務整理の種類

    借金がかさんでしまい自分がどれほどの借金(債務)を負っているのか分からずに、ただただ借金が膨れ上がる泥沼に陥った場合に、...

  • 顧問契約を考えるべきタイ...

    「弁護士に相談するのは訴訟を検討するほど紛争が大きくなってから。」とお考えの方も多いと思います。しかし、トラブルが大きく...

  • 成年後見制度を利用するメ...

    成年後見制度とは、判断能力が低下した方を保護するための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見があります。 今回...

  • 親権と監護権について

    子供がいる夫婦が離婚をする際、まず考えるのはどちらが親権を持つかということでしょう。親権とは未成年者の子供を養育や監護し...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

佐藤弁護士の写真(1) 佐藤弁護士の写真(2)
弁護士
佐藤 英生(さとう ひでき)
所属団体
兵庫県弁護士会
ごあいさつ

私は、弁護士登録後、交通事故や不動産関係(明渡紛争、建築紛争、境界紛争等)をはじめとする一般民事事件から家事事件(相続、離婚等)、債務整理、企業法務に至るまで多種多様な業務を行ってきました。


私たちを取り巻く法律や判例・裁判例等の法的な環境は日々変化しており、このような環境に適応できるよう知見を広げることに努めています。


これまで培ってきた経験や知見を活かし、迅速・的確・丁寧をモットーに、最善の問題解決へ向けてのお手伝いをさせていただければと思います。

略歴
昭和62年8月 兵庫県神戸市で出生
平成18年3月 兵庫県立星陵高等学校 卒業
平成21年3月 関西学院大学 法学部法律学科 早期卒業
平成24年3月 大阪大学法科大学院 卒業
平成24年9月 司法試験合格
平成24年11月 司法修習開始(66期)
平成25年12月 岡山弁護士会登録 弁護士法人菊池綜合法律事務所にて勤務弁護士として執務開始
平成30年6月 兵庫県弁護士会登録 神戸ブライト法律事務所 入所

事務所概要

名称 神戸ブライト法律事務所 弁護士 佐藤 英生
所属 兵庫県弁護士会
代表者 佐藤 英生
所在地 〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町32番地明海ビル8F
電話番号/FAX番号

TEL:078-326-2080 / FAX:078-326-2088

※お電話の際は佐藤宛にご連絡ください

対応時間 平日9:00~17:30 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ対応可能

ページトップへ